【観月祭2017】京都大覚寺の大沢池で「観月の夕べ」

中秋の名月2017は京都で!

代表的な名月鑑賞地として知られる、京都大覚寺の大沢池。

 

大覚寺では、毎年観月会「観月の夕べ」が開催されます。

 

この観月会では、大沢池に船を浮かべ、夜空に輝く月をながめ、また、水面に浮かぶ月を愛でる行事として、古くから親しまれています。

 

 

船を浮かべて月を鑑賞するというのは、嵯峨天皇の船遊びからきていると言われています。

 

また、大沢池は、名勝として名高い中国の洞庭湖を模して作られているということで、名月を鑑賞するにはまさにぴったりな場所ですね。

 

また、月の鑑賞以外にも、催事や茶席が用意されているので、興味があったらそちらも参加してみるといいですよ。

 

 

大覚寺の観月の夕べ2017についてチェックしてみましょう~。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

京都大覚寺「観月の夕べ」2017

◯開催期間・・・2017年10月4日(水)~6日(金)
◯開催場所・・・京都府大覚寺大沢池

 

〒616-8411 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4

 

 

 

◯開催時間・・・
 17:00~(催事)
 17:00~、18:00~、19:00~、20:00~(龍頭鶴首舟)
◯料金・・・
 800円(茶席)
 1,000円(龍頭鶴首舟)
◯チケット売り場…
 五大堂茶券売場(茶席)
 勅使門前舟券売場(龍頭鶴首舟)

 

 

チケットは、当日券のみで、販売時間は茶席が午後5時頃、舟は午後3時頃から販売開始、という予定です。

 

 

中秋の名月は10月4日ですが、満月は10月6日なので、満月の日に鑑賞するのもいいですね。

 

 

 

大覚寺で月はどう見える?

大覚寺の観月の夕べ動画を見つけました。

 

 

 

月、輝いていますね!

 

 

水面に浮かぶ月も素敵~。

 

 

家では絶対に体験できないお月見が待っていそうですよ!

 

 

観月の夕べについて詳細は⇒こちら

 

大覚寺周辺のホテルの検索は⇒こちら

スポンサードリンク

スポンサードリンク


 

関連ページ

中秋の名月2017は満月?
中秋の名月2017は満月?中秋の名月2017の月は満月かどうか、調べてみました。
お月見泥棒2017年はどこである?
お月見泥棒とは?お月見泥棒2017についてイベント情報をご紹介します。
東温市の観月祭2017、花火も含めた日程は?
東温市の観月祭2017について。2017年東温市で開催される観月祭は、どうなっているでしょうか。花火大会も含めて日程について調べてみました。
お月見2017は10月4日!どんなイベントがある?
お月見2017はいつでしょうか。2017年のお月見には、どんなイベントがあるのかについても調べてみました。