中秋の名月2017

中秋の名月とは?どんな意味があるの?

中秋の名月とは

 

中秋の名月とは、旧暦8月15日の月のことです。

 

旧暦8月15日は、「十五夜」とも呼ばれるので、十五夜に見えるお月さまのことを中秋の名月なんですね。

 

 

旧暦8月15日は、太陽暦にするといつ?
と、換算したくなるのですが、中秋の名月は、月の満ち欠けで行う行事なので、どうしても旧暦に沿って行われます。

 

 

「中秋」と「仲秋」

「中秋」は「秋の中日」、つまり旧暦の8月15日のことをいいます。

 

一方、「仲秋」は、旧暦8月のこと。
これは、旧暦では7月、8月、9月が秋で、それぞれ「初秋」「仲秋」「晩秋」と呼ばれていたからです。

 

なので
中秋の名月⇒旧暦8月15日の夜に見える月
仲秋の名月⇒旧暦8月の夜に見える月

 

ということになります。

 

まあ「仲秋の名月」という表現はほとんど使いませんけどね。

 

 

人々は中秋の名月を鑑賞してきました。

 

いわゆるお月見は、日本では平安時代、貴族たちが中国から伝わってきた風習を行っていました。

 

 

そこでは宴が開かれ、月を愛で、詩歌を詠んでいたということです。

 

その後、お月見は広まり、農民たちの間では、農耕行事と結びき、月の鑑賞は収穫祭という意味を持つように。

 

 

時代とともに中秋の名月の行事は変わってきましたが、その時代や人々にとって違った意味を持っていたんですね。
私たちの時代は、中秋の名月を鑑賞する、という意味合いが強いですよね。

 

 

 

スポンサードリンク


中秋の名月はいつ?

旧暦に沿ってる中秋の名月は、その年によって変わります。

 

毎年8月15日、というわけではないんですね。

 

 

これからの中秋の名月の日付は以下のとおりです。カッコ内は満月の日

 

平成29年(2017) 10月4日(10月6日)
平成30年(2018) 9月24日(9月25日)
平成31年(2019) 9月13日(9月14日)
平成32年(2020) 10月1日(10月2日)
平成33年(2021) 9月21日
平成34年(2022) 9月10日

(参照:岡田吉朗・松井吉昭著「年中行事読本」)

 

毎年微妙に違う、というわけではなく、その年によって中秋の名月は大きく変わりますね!

 

9月から10月の間と覚えておくといいかな。

 

 

それから、満月と中秋の名月が同じ日になるのは、2021年と2022年。

 

ちょっと先が長いですね!

 

 

 

中秋の名月の食べ物というと?

お月見をするときにお供え物をしますが、どんな食べ物があるのでしょうか。

 

お月見団子がよく知られていますが、その他に

 

  • 里芋
  • ぶどう

 

など、秋の収穫物を供えます。

 

 

ところで、中秋の名月には他にも呼び名があって、「十五夜」や「お月見」はよく知られていますが、「芋名月」とも呼ばれます。

 

この「芋」とは里芋のことで、お月見に「衣かつき」(蒸した里芋)や「芋の煮っころがし」を供える地域もあります。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

十五夜、十三夜、十六夜について

十五夜は、旧暦8月15日の月、というのはわかりますが、ほぼセットで「十三夜」というのも聞きますよね。

 

十三夜とは

十三夜とは、旧暦9月13日の月のことで、中秋の名月同様、この日の月も鑑賞されていました。

 

十三夜は十五夜のあとにくるので「後(のち)の月」、また「芋名月」に対して「豆名月」「栗名月」とも呼ばれます。

 

 

十五夜と十三夜をセットで行うことが伝統的な風習で、十五夜のみは「片月見」として忌み嫌われてきました。

 

なので、できれば十五夜をしたら、十三夜も、というふうに、両方行うといいと思います。

 

 

ちなみに十三夜にも月見団子や、秋の収穫物を供えます。

 

 

 

十六夜とは

「いざよい」と読みます。

 

十六夜は、旧暦8月16日の月、つまり中秋の名月の次の日に見える月のことです。

 

昔の人たちは付きをほんとうに愛していて、特に1年で一番美しく見える中秋の名月を心待ちにしていました。

 

なので、十五夜前後の月に名前をつけて、愛でていました。

 

十五夜前夜の月 待宵(まつよい)月
旧暦8月16日の月 十六夜月
旧暦8月17日の月 立待(たちまち)月
旧暦8月18日の月 居待(いまち)月
旧暦8月19日の月 臥待(ふしまち)月
旧暦8月20日の月 寝待(ねまち)月

 

 

月は昔から人々の生活に大きく関わっていたんですね。

 

十五夜の月が一番美しい、と気がついたのも、毎日のように空を見上げ月を観察していたからかもしれません。

 

 

旧暦には馴染みはあまりありませんが、こうやって中秋の名月の風習が残ってるって、とても興味深いですよね。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク